ローヤルゼリーを摂取しないほうが良い場合は?

img

ローヤルゼリーは食品ですので、医薬品のような副作用を心配することはありません。摂取しない方がいい場合は、特別なアレルギー症状が起きている方、花粉症で症状が重くなっている方、蜂アレルギー、更年期治療をされている方等です。

ローヤルゼリーは働き蜂が女王蜂のために造るものですが、そのもととなる原料にはお花の花粉が含まれています。蜂が集める花粉の植物は自然界の様々な影響を受けています。そのため、花粉症による重度なアレルギーを持っている方や、アレルギーが出やすい方は、医師に相談して少量から摂取するようにした方が良いでしょう。

また、蜂アレルギーのかたで蜂に刺されて抗体ができていると、ローヤルゼリーでアナフィラキシーショック状態になる可能性があることも言われています。

妊娠中の方も通常は問題ありません。万一、過敏になっている時は体調によって様子を見ながら摂取されるとよいでしょう。

ローヤルゼリーは毎日食べている食品と同じように摂ることができますが、過剰に摂る必要はありません。それぞれの商品に書かれている量を守って摂取すると良いでしょう。アレルギーをお持ちの方や医師にかかっている方は、体質や体調を相談しながら摂取されると良いでしょう。