ローヤルゼリーで女性の骨密度を維持

img

女性は閉経と共に、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが減少します。エストロゲンは、骨の成分であるカルシウムが溶けだすのを防ぐ働きをするホルモンです。エストロゲンが減ることでカルシウムの吸収ができにくくなると、骨密度が低下していきます。そのため、骨粗鬆症になりやすいと言われます。骨粗鬆症は、骨がスカスカになる状態です。骨がもろくなって骨折をする女性が多いのはそのためです。腰痛を訴える女性も増えてきます。エストロゲンの影響は、女性らしさや若さにも影響しています。

60歳を過ぎた女性の半数は骨粗鬆症と言われています。70歳代になると10人に7人と言われています。一度骨折すると癖になり、寝たきり老人になる例も多くあります。十分にカルシウムを中心としたミネラルの吸収がよくなれば、改善も見られます。

ローヤルゼリーには腸のカルシウム吸収率を高める働きがあると言われています。ローヤルゼリーを摂ることで、カルシウムが効率よく吸収されて骨密度の低下している骨の状態にもよく働くようになります。ローヤルゼリーには、女性ホルモンと同じ働きをするデセン酸や類パロチンが含まれているため、このように骨密度に対しても予防することができるのです。さらに、軽い運動をすることで、骨の形成にもプラスになります。