ローヤルゼリーで冷え改善

img

体温を1度上げると健康になるという本がブームになりました。免疫力が上がると病気をしないと言うことだそうです。

逆に、低体温は病気の温床とも言われています。がん患者の体温は35℃台で活発に増殖すると言われています。体温が一度下がると、免疫力が30%も低下すると言われています。反対に一度上がると、5~6倍も免疫力が上がると言われています。

昨今は冷房やダイエット、生活習慣、ストレスなどの影響もあり、若い女性にも冷え性で悩む人が増えています。ファッションにも構わなくなり、夏でも分厚い靴下を履いている女性を多く見かけます。女性の場合、生理があるため、ホルモンバランスが乱れやすいことも言えます。婦人科系の病気が増えているのも、体の冷えが原因となって様々な悪影響を与えていることが言えます。そのため、身体を温めることは健康を維持して行く上で最も大切な基本となります。

ローヤルゼリーに含まれているアミノ酸の一種である「アルギニン」は血管拡張作用があります。血行促進や筋肉増強効果が見られるもので、冷えを改善する働きをします。自律神経に働く「アセチルコリン」も神経伝達物質です。ローヤルゼリーは、自律神経やホルモンにも効率よく働きます。日頃からローヤルゼリーを摂って行くことで、冷え改善も期待できることになります。 これを機にローヤルゼリーで健康生活始めてみませんか。