タイ産のローヤルゼリー

img

タイの養蜂場は、標高300メートルの高地にあり、そこで、質の良いローヤルゼリーが生産されています。夏は33℃以上にならず、冬も15℃以下にならないため、朝夕涼しい気候がミツバチにとっても新陳代謝が高まる良い気候環境とされています。日本で言う春のような気候だそうで、ミツバチたちが元気に良いローヤルゼリーを造ることができるようです。

タイは人件費が安く、生産量も安定しており、国産のローヤルゼリーと比較しても、品質は変わらない高品質なローヤルゼリーが取れると言われています。また、契約をして生産することができる環境になると、汚染とも隔離された無農薬環境のなかで養蜂ができるようになります。

良い環境で無駄なコストを省き、計画的な生産ができることは、タイで働く養蜂家たちにとっても安心して仕事ができることになります。その結果、質の良い安定したローヤルゼリーが輸入できることにつながります。毎日続けて飲むものですから、コストを省いて安全なローヤルゼリーを飲みたい方には朗報でもあると言えます。 また、よく混同されがちなプロポリスと蜂蜜のちがいについても知っておきましょう。