ローヤルゼリーとプロポリスの違い

img

ローヤルゼリーは女王蜂だけが食べる特別食です。主な成分はローヤルゼリーにしかない天然の優れた栄養である「デセン酸」です。この他にミネラルやアミノ酸、ビタミン類など、40種類もの優れた栄養を含んでいます。

プロポリスはミツバチたちが巣の補強や殺菌のために、樹脂を集めて唾液などの分泌物と混ぜて造った物質です。ミツバチのなかでも、セイヨウミツバチしか作れない補修液です。巣を守るための効果から、天然の抗生物質と言われています。プロポリスには、ローヤルゼリーと同じような働きもありますが、免疫力向上、アンチエイジング、歯周病の予防、アレルギー抑制、生活習慣病や美肌効果、殺菌・抗菌作用等等が多く発見されています。成分は、「フラボノイド」「アミノ酸」、「アルテペリンC(桂皮酸誘導体)」などが主に含まれています。プロポリスは抗菌、殺菌作用が強いと言われています。

どちらも独特な味や刺激があるため、飲みにくい面があります。サプリメントとして研究開発されているもので飲みやすいものも発売されています。また、どちらも大量には取れない希少な成分なので価格も高価になります。相互作用でどちらも利用して行くと、よい働きが増していくことでしょう。 また、知っておきたい生ローヤルゼリーと調整ローヤルゼリーの違いについても合わせてご覧ください。