ローヤルゼリーとはちみつの違い

img

どちらもミツバチが造る天然の恵みです。はちみつはミツバチが食べるもので、ローヤルゼリーは女王蜂だけが食べる栄養です。女王蜂はミツバチの30~40倍もの寿命があり、体調も3倍以上大きくなります。それだけ栄養素が大きく違うものです。

はちみつは、人類最古の甘味料と言われる自然食品です。ミツバチが花密を集めたもので、働き蜂の栄養となっているものです。ミツバチがお花の蜜や花粉を食べて胃で消化したものが、果糖やブドウ糖として巣に蓄積されて熟成しているものです。

はちみつには単品のお花だけのものや、色々なお花から採取したものがあります。お花の種類によって、味も様々な甘い蜜が取れます。はちみつには、糖質(ブドウ糖、果糖)が80%で即効性があります。それ以外は水分とわずかなミネラルとビタミンが含まれます。

これに対してローヤルゼリーは、糖質はわずか10%です。ミツバチの中の若い働き蜂、特に羽化して1週間後の蜂が女王蜂のために特別に分泌した乳白色の特別な栄養を持つものです。味としては、酸味があり独特な味とにおいがします。ローヤルゼリーは女王蜂だけが一生食べる特別食とされているものです。そのため、40種類以上もの栄養の宝庫と言われており、アミノ酸やたんぱく質、ミネラル、ビタミン、特殊なデセン酸と言うローヤルゼリーだけに含まれている優れた栄養が特徴です。 また、ローヤルゼリーの体験談も参考にしましょう。