ローヤルゼリーの歴史とは

img

人間と蜂の関係の歴史は古く、古代エジプトの壁画にも描かれています。壺を持った人と蜂の絵を学生時代の教科書で見た記憶があると思います。この頃はまだ女王蜂のことやローヤルゼリーのことはわかっていませんでした。

文献に登場するのは、古代ローマの哲学者アリストテレス(B.C.384~B.C.322)の時代です。アリストテレスは様々な著書を残しています。『動物誌』には「濃厚な蜂蜜に似た淡黄色の柔らかいもの」との記述があります。蜂蜜とは違うものが書かれているものがローヤルゼリーのことだと言われています。約2400年前のことです。

正式にローヤルゼリーと呼ばれるようになったのは、200年ほど前のことです。スイスのミツバチ研究者であったフランソワ・ユベールが「蜜蜂の新観察」の中で「ゼレー・ロワイヤル」と記載したことが始まりと言われています。その後、よく知られているローマ法王の病気で投与されたローヤルゼリーによって奇跡的にいのちが助かったことから、世界中に知れ渡りました。

ローヤルゼリーの持つ様々な成分の働きは、今日でもすべてが解明されていないほど、神秘的な自然界の優れた恵みとなっています。研究開発も盛んに行われるようになって注目されています。 また、ローヤルゼリーの副作用についても合わせてご覧ください。