ローヤルゼリーはどうやって作られる?

img

ローヤルゼリーは若いミツバチが花粉を食べて作られるものです。まず、体内で分解して合成し、分泌線となる下咽頭腺や大あご腺にたんぱくを入れて酵素でショ糖を分解します。さらに脂肪酸を含有させて王乳と呼ばれる栄養の宝庫であるローヤルゼリーが作られます。

大量生産をする場合のローヤルゼリーは、孵化直後の幼虫を慎重に人工王台に移し入れる方法で作ります。この方法では、自然に作るよりも大量に製造できるようになります。ただし、速やかに72時間以内に採取する必要があります。さらに、手作業で幼虫を取りだすため、細かな作業も伴うことになります。取りだすタイミングが早すぎるとローヤルゼリーがまだできていないこともあります。そのため、タイミングを見計らって採取するようになっています。

ミツバチは天候や気温等の変化で微妙に変化が出るほど敏感な生き物なので、細やかな気遣いをしながら作られています。 また、よく混同されがちなローヤルゼリーとはちみつの違いについても知っておきましょう。